ホーム > イヌが大好き、ネコが大好き、どうぶつだいすき~!
イヌが大好き、ネコが大好き、どうぶつだいすき~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 致死率10%程度の新ウイルスが、山口県に続いて愛媛県、宮崎県で人間に感染し、残念ながら死亡された。

 

 おとなりの中国で発生した新型ウイルスだが、日本でも感染が広がりそうな予感がする。

 

 

 家庭動物では、主に犬に感染するが、まだ犬での【 発熱・血小板減少症の症例報告は無い 】。

 

 

☆ こういう時に重要なのは、信頼できる情報源だと思う。

 

 厚労省のホームページで正確な情報が発表されているので、ぜひその発表を中心に信用して頂きたい。

 

 初感染発表の際に、厚労省はQ&Aを掲載している。 一般の方向けの情報も入っているので、参考にされて頂きたい。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002u1pm.html

 

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002u1pm-att/2r9852000002u221.pdf

 

 

☆ では、何か予防方法は無いか。

 

 一般論であるが、犬猫の方が人間よりもマダニには感染しやすいので、まず家庭内での侵入路である【 犬猫のダニ感染 】を徹底的にカットしたい。

 

 ダニは、ノミと違ってピョンピョン飛び跳ねないので、基本的には【 接触感染 】である。 接触感染とは、草などに付いているダニが、たまたま触れた動物や人間の皮膚に移動してくると考えて頂いて良いと思う。

 

 犬猫は、【 優秀な予防薬 】があるので、安心して頂きたい。

 

 当院では、皮膚に付ける外用薬と口から飲む内服薬を用意している。

 

 一度【予防薬】を付ければよいモノではなく、定期的に処方しなくてはならない。

また、100%予防できるものではないので、その点をあらかじめ御了承いただきたい。

 

 

☆ 人間の予防方法は? 

 

 この方法論に関しては専門外なので、ここに書く事は避けさせて頂きたい。

 

 とにかく、マダニが居そうな場所には行かないに越したことはない。

 

 また、マダニが居そうな動物たちに、気安く触れない方が良いと思う。

 

 

☆☆ 現在、申し上げられる事は以上のレベルであるが、ぜひマダニ感染を軽視しないで頂きたい。

 

 

☆ 最後に

 

 最後になりましたが、今回お亡くなりになりました方々のご冥福を心からお祈り申し上げますと共に、御家族の御心痛をお察し致します。

 

 そして、一日も早く御心痛が癒されます事をお祈りしております。

 

【記事情報】投稿者: 院長 | 投稿日: 2013年2月15日(金)


 

 

 

 

 

 

 『 ワンちゃん猫ちゃんの皮膚病が治らない。 』

 

 『 痒そうだけど、どこの動物病院に行ったらよいか分からない。 』

 

 『 日本獣医皮膚科学会の認定医に診てもらったけど、治らなくて困っている。 』

 

 『 皮膚科診療が得意とうたっているホームページを見て、その先生に診てもらったが、今一つ理解できない診断だった。 』

 

 『 今は皮膚の状態が落ち着いている、でもずっとステロイドやその他の薬を飲まないといけないのだろうか? ぜひ【 セカンドオピニオン(専門的な診察を受ける、あるいは別の先生からの診察を受けて意見を聞く事) 】を聞きたいが、どの先生に聞いたら良いのだろう。 』

 

 

 このようなお悩みをお持ちの方に、最適な診療を当院で御提供出来るようになりました

 

 

 アジア皮膚科学会に専門医として合格した獣医師は、現在日本に4人しかいません。 しかも、昨年まで4名の先生方は東京都に偏って診察されていました。

 

 

 その中でも、新進気鋭の【 村山信雄先生 】が先頃独立されて、神奈川県では初の国際的な診察を当院で行う事が出来るようになりました。

 

1) 基本的に、第2月曜日の午後に皮膚科専門診療を行います。

 

2) 3月11日午後4時の診察から行います。

 

3) 完全予約制です。 【 御予約は、2月20日午前10時より行います。 】

 

4) 近隣の獣医師の先生方が御紹介の際は、【 photo.fahtakahashi@gmail.com  】まで御連絡下さい。

 

    その旨を村山先生に連絡させて頂きます。 その後、村山先生から直接、どの病院の診察の際に診させて頂くか、御連絡を致しますのでお待ちください。(村山先生は、東京都、千葉県、埼玉県などの動物病院で診察されておられます・)

 

    当院で村山先生が診察された際にも、必ず御紹介元病院に患者様をお返し致します。 御安心下さい。

 

 

 神奈川県は、世帯数に対して日本一動物病院数が多いのですが、国際的な皮膚科専門医療を行う病院が少ないので、今後おおいに【 アジア獣医皮膚科専門医の村山信雄先生 】に、神奈川県近隣の動物たちの皮膚病(難治性)改善の為に御活躍頂きたいと考えております。

 

 

 お気兼ねなく御利用下さい。

 

【 連絡先 】

 

電話: 046-274-7662

 

メール: photo.fahtakahashi@gmail.com

 

 

 

 

 

【記事情報】投稿者: 院長 | 投稿日: 2013年2月14日(木)

2013年2月13日(水) ☆ 今年もっ ☆


 

☆ご長寿表彰☆

 

させて頂きます \(^o^)/♪♪

18歳以上の子達に来院時もしくは郵送にてお届け致します!!

 

 

 

 

 

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2013年2月13日(水)


 

 

 

 

 

 

 

 最近、本当によく本を読むようになりました。

 

 学生時代にもっと本を読んでおくべきだった。 こんな事を感じたりした時から、本をいつも持ち歩くようになったのかもしれません。

 

 色んな体験を通して、必要に迫られて読むようになった本やDVDなども沢山あります。

 

 

 話題の本でありますが、素晴らしい本に出合いました。

 

 

置かれた場所で咲きなさい    渡辺和子(幻冬舎)

  ↑ ≪ ここをクリックすると詳細が分かります。 ≫

 

 この本の一節に、

「置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです。
咲けない時は、根を下へ下へと降ろしましょう。

次に咲く花が、より大きく、美しいものとなるために。」

 

「現実が変わらないなら、悩みに対する心の持ちようを変えてみる。
いい出会いにするためには、自分が苦労をして出会いを育てなければならない。」

 

 

 渡辺シスターの半生の凄まじい体験から絞り出された素晴らしい言葉の数々が、

この本には散りばめられており、読んだ後に『温かな気持ち』が湧き出してきました。

 

 動物さんの御病気をケアーされていて、お疲れの飼主様におすすめの一冊です。

 

 もし、読まれてみても気持ちの悲しみや嘆きが取れない時は、

当院の待合室カウンセラーを御利用下さい。

 

 ゆっくりとお話を聞いて差し上げられると思います。

 

 事前に電話で、カウンセラーの出勤予定日をお尋ねください。

長時間のカウンセリングの場合は、御予約された方がよろしいかと思います。

 

046-274-7662

 

【記事情報】投稿者: 院長 | 投稿日: 2013年2月11日(月)


 

 

 

 

 

 

 

 アメリカと日本の獣医学はどちらが進んでいると思いますか?

 

 一部分では、日本の方が進んでいる分野がありますが、

 

 やはり、『 アメリカ獣医学 』の最先端分野はすごいですね。 やはり、進んでいます。

 

 

 今回のアドバンス実習コースでは、ヴァージニアメリーランド大学のDr. John H. Rossmeisl Jrを中心に、多くの講師陣から最先端の整形外科を吸収してくる予定です。

 

 整形外科を成功するためには、コツが随所にあります。 それは、ライブでないと分からない事が多いので、3日間かけて学んできます。

 

 本には書いていない事が、多いのがこの分野の現実です。

 

 

 会場も、世界で一番素晴らしいと言われている【オクエンドセンター】で行われるので、楽しみです。

 

 

 私が出張しても、優秀なスタッフが当院にはおりますので、御安心下さい。

 

 パワーアップして帰国してまいりますので、よりよい安心頂ける医療をこれからも展開出来ると思います。

 

御期待下さい。

 

【記事情報】投稿者: 院長 | 投稿日: 2013年2月11日(月)

ページトップへ