ホーム > イヌが大好き、ネコが大好き、どうぶつだいすき~!
イヌが大好き、ネコが大好き、どうぶつだいすき~!

最近、またスコティッシュフォールド猫の骨瘤治療の来院症例とお問い合わせが増えてきましたので、簡潔にその情報をお伝えしたいと思います。

 

幸いにも、当院では【外科治療】と【内科治療】の両方について、一定以上の成績をあげる治療法を開発致しました。

 

まだ、【研究中】のために、詳細は発表できませんが、ここに一部を紹介させて頂きます。

 

 

■■■ 外科的骨瘤治療について

 

★ まず、昨年まで休止しておりました【外科的骨瘤治療】ですが、今春から再開しております事をお伝え致します。

 

当院の治療方法は、骨瘤を除去するだけの治療方法ではありません。 手術しただけでは、2ケ月以内に再発の兆候が出ます。

 

手術の後に必ず、とある獣医大の大学病院で、【仮にプロジェクトA治療(共同研究中なので、正式名称を避けますね。)】を行わないと再発するでしょう。

 

既に、プロジェクトA治療は、2011年から開始しておりまして、その後のモニター診察を定期的に行えているスコ猫ちゃんが数例おりますので、一部を紹介致します。

【【骨瘤を外科+αで治したノコちゃん】】

≪ 2010年8月1日 初診時 ≫     ≪ 2019年7月4日 再診時 ≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■■■ 内科的骨瘤治療について

 

2017年からスタートした内服薬だけの治療なのですが、【長期に内服治療しているスコティッシュフォールド猫の骨瘤の子は、全例好調】です。 研究名は【プロジェクトB】です。

 

治療効果が無かった子たちは、骨瘤が重症の子たちに多いと思います。

 

【副作用は、一例もいない】、と言う事はハッキリしております。

 

自然療法の薬なので、動物向けの保険が適用しない薬ではないと言う事もお伝えしておきます。

 

【【骨瘤を自然療法の内服薬でコントロールしているモモちゃん】】

≪ 2017年3月17日 初診時 ≫    ≪ 2019年9月14日 再診時 ≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 電話での問合せは、診療中で十分にお答えできない事がありますので、メールでお問い合わせ下さい。

photo.fahtakahashi@gmail.com

 

★ 再度、お願いですが、あくまでも研究中なので、薬品などの正式名称の紹介を避けさせて下さい。

予めご了承下さい。

 

宜しくお願い致します。

 

院長  高橋 俊一

【記事情報】投稿者: 院長 | 投稿日: 2019年9月28日(土)


 

 

 

参照サイト:

https://bit.ly/2n5NmVC

 

 

 

猫 避妊メス 11歳

 

【今朝から元気と食欲がない】との事で来院されました。

 

■ この子は、1歳の時に避妊手術をして以来病院に行ったことがなく、これまで一度も体調を崩したことがないそうです。

 

■ いつも決まった時間にお外に出て帰ってくるのですが、昨晩は一晩中帰って来ず、朝になると【元気と食欲がない状態でおうちにいた】との事です。

 

■ 「元気と食欲がない」という状態になってしまう原因としては、非常に様々なものが考えられます。

また、原因は1つとは限りません。

「病院がとっても久しぶり」という子は、特に見落としがないようにしっかり検査していきます。

 

■ 検査により、問題として浮かび上がってきたのは、

・体温が高いこと

・右後ろ足の指と指の間に傷があること

・血液検査上、感染や腫瘍等に関連する数値が異常値であること

でした。

 

■ そこで、「外傷による細菌感染および炎症」と仮診断して、点滴・抗生剤の注射・傷の消毒を行いました。

おうちでお薬を飲むのは難しいということで、おうちでは、「傷の消毒をする」・「傷を舐めないようにエリザベスカラー(首の周りにエリマキトカゲのようになる、動物を守る医療用ネッカー)をする」・「お外に行く事を控える」ということを徹底していただきました。

 

■ すると6日後、とっても元気になった姿で来院してくれました。

 

■ 「元気と食欲がない」というのは動物さんからのSOSです。

SOSに気付いたら、今回のようにお早めにご相談ください。

 

獣医師 田中聖心

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2019年9月27日(金)


 

 

 

 

 

こんにちは☆

今回は、手術に関するアンケートです!(^^)!

 

 

 

Q1.

当院で手術を受けられた決め手は何でしたか?

 

A1.

5歳になるヨーキーとチワワのMix犬です。 食べムラがあり元気もなかったので、病院へ連れていきました。 診察の結果、心雑音が見つかりエコー検査を受ける事に。 心雑音については経過観察になりましたが、別で子宮の左右の大きさが違うことが判明しました。

先生から避妊手術を勧められ、これまで手術の機会を伺いながら5歳まで来てしまいましたが、先生の丁寧な説明と、今後のリスクを分かりやすく教えて頂き、避妊手術をする事を決めました。

分かりやすく絵を書いて説明して下さったり、共働きの時間の中でのケア方法を教えて頂き、安心してお願いできると思い、決断しました。

 

 

Q2.

手術を迷われている方も多くおられます。その方々のご参考として、後押しをするメッセージをお願いします。

 

A2.

手術のリスクの説明に麻酔のリスクや、術後のリスクなど躊躇する話もありましたが、抱えている問題(ヒート時期の食べムラ)などが手術をする事で改善し、これからのリスク(子宮の病気等)もなくなる事を考えた時、飼い主ももちろん、本人のストレスがなくなる事が一番良いと思いました。

これからまだまだ一緒の時間を過ごす中で、あの時手術しておいてよかったねと思える事があると確信してます。 術後の診察も問題なく、今ではおもちゃを咥えて「遊ぼっ」って誘ってきます!

 

とのことでした。

 

犬猫の女の子は未避妊のままだと、

・乳腺腫瘍の可能性が、避妊済みの子に比べて25%も増加する(特に猫は転移率の高い悪性の乳腺腫瘍が多い)。

 

・緊急手術が必要になる子宮蓄膿症(子宮内に細菌が増加して血液中に菌が舞い、菌に身体が負ける敗血症に陥ることで死に直結する病気)のリスクが激増する。

などなど、手術したら防げる病気になる可能性がでてきます。

そのため、適切な時期に避妊手術をすることで、上記の病気を防ぐことが可能となるので、病気の予防のためにも、避妊手術は大切なことなのです。

 

また、上記の病気になってしまうと、入院が長期化したり、金額も高くなってしまうなど動物さんにも飼主様にもご負担となってしまうので、避妊手術は適切な時期に行ってあげましょう!

 

アンケートにご協力いただき、ありがとうございました(^O^)/

 

獣医師 新美綾乃

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2019年9月27日(金)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫 去勢オス 22才

 

【 今朝から連続で吐いていて、立ち上がらない 】との事で来院されました。

 

■ この子は慢性腎臓病があり、心雑音もあるため、体調不良の原因となる病気の種類によって、治療法が大きく変わってくることが問題でした。

 

■ 検査の結果上、心臓は今回の体調不良と関係がないと判断しましたが、意外にも腎臓病もそれほど悪さをする数値ではありませんでした。

 

■ そこで、症状と急な脱水傾向から膵炎を疑って、その治療を始めたところ、翌日には良くなり始め、1週間経たずに通常通りの生活をおくれるようになりました。

 

■ 急性嘔吐の原因は胃腸に限らず、心臓、肝臓、膵臓、腎臓など様々な原因で引き起こされます。

 

■ 胃腸の病気なら緊急性は無いと判断し放置してしまうと、病気が悪化してしまう事もあります。

 

■ 犬、猫ともに、人と比べるとよく吐く動物ですが、それに慣れてしまうと重大な病気を見逃してしまう可能性があります。

 

■ もし、普段と違う吐き方をしたり、慢性的に吐くことがあれば、一度ご相談ください。

 

獣医師 冨田 浩平

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2019年9月15日(日)


 

 

 

 

 

猫 15歳10か月 オス(去勢手術済み)

 

【数日前に下痢になり、急に倒れてしまった】というネコちゃんです。

 

■ 身体検査等を実施している時にドロッとした膿尿を排泄しました。

 

■ 状況と検査結果を総合的に判断すると、下痢を起こした時に陰部周りが汚れ、細菌が尿道から膀胱内に入り膀胱炎になり、そこから細菌が全身に回り敗血症(体がバイ菌に負けてしまう病気)になったことで、ショックを起こし倒れてしまったと考えられました。

 

■ 通常体に細菌感染が起こった場合は、体の免疫調節機構により、今回ほどの重度の感染症を引き起こす事は基本的にはないのですが、、、

 

※ このネコちゃんは、以前から罹患している病気の関係で免疫抑制剤を飲んでいたため、異常な細菌感染を全身に起こしてしまったのです。

 

■ 敗血症状態に陥ると、命を助ける事は非常に難しくなります。

 

■ なんとか助けてほしい、という飼主さんの協力の元、院内で行えるモニターを全て駆使して治療をさせて頂きました。

 

■ 特に大変だったのは、敗血症に陥ったことで、血管の中の水分が全部血管の外に漏れ出てしまい、心臓に戻る血液量が足りず、全身に送り出せる血液が足りなくなってしまっていたため、多臓器不全を起こしかけていました。

 

※ そのため、心臓の中の血液の容積と血圧をモニターしながら点滴の量及び使用する薬剤を選択し、治療を行いました。

 

■ 入院3日目くらいから少しずつ血圧管理が猫ちゃんの体内で行うことが出来るようになってきて、入院6日目に奇跡的に帰宅することができました。

 

■ 1年以上前の出来事ですが、今でも元気に通院して下さっています。

 

■ 敗血症という状態は、菌に身体が敗北している状態のため非常に危険なのですが、飼主さんの協力の元、何とか助けてあげられて本当に良かったと思います。

 

■ 単純な下痢でも、今回のように危険な状態に陥ってしまう事もあります。

動物さんの体調の変化があったらできるだけ早く来院されることをオススメします。

 

獣医師 新美綾乃

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2019年9月15日(日)

ページトップへ