2021年 良い年越しが出来ました  ≪ なぜ、当院が感謝溢れる動物医療を行っているのでしょうか? ≫

 

■ 平素より当院をご利用頂きありがとうございます。

 

■ 2021年も明けました。

 

 

■ 2020年は、様々な素晴らしい経験を致しました。 同じ体験は、ある角度から見るとプラスであっても、別の角度から見るとマイナスの事もあります。

 

 

 私は、物事を【プラス】に受け取るようにしておりますので、ポジティブにドンドン応援して下さる方々や、良い情報が沢山寄ってくるのです。

 

 

★ 本当に、多くの応援や支援して下さる方々の【ポジティブ】な言葉がけや行動は、私共の【心の底からのエネルギー】になります。 

 

この様な環境におりますので、『 当院は、今後も皆様の「困った」に応えられるように、努めて工夫をする 』プラスのエネルギーになり、継続する力にもなります。 全てに感謝申し上げます。

 

 

■ お陰様で、年末はとても素晴らしい医療が出来ました。 

 

それは、医療センター化した事で【院内で出来るCT検査】、【難易度の高い手術時に使うサンダービート医療機器の活躍】、【レベルアップした内視鏡施術】、【院内で出来る救命救急用の特殊血液検査】などをフル利用して、【複数の難易度の高い手術を行う事】でワンちゃん猫ちゃんを助ける事が出来たのです。

 

 

■ 心温かい獣医師に囲まれ、良い医療が出来ています。

 

2021年は、1991年に開業した当院にとって【創立30周年】の年です。

 

今までも、世の中に優秀な獣医師を輩出してまいりました。 卒業獣医師に、各診療分野で有名になっている獣医師がいる事も、嬉しい限りです。

 

昨年から、獣医師8名体制で診療を行っているのですが、平均獣医師免許歴が約20年間という、今までの中で一番【 落ち着いた心温かい獣医師 】でチーム医療を行っております。

 

当院独自の【 獣医師教育システム 】により、常に安心して頂ける医療が出来るレベルの獣医師が揃っております。

 

 

■ 更なるレベルアップを計画しました。

 

医療のレベルアップはもちろんですが、複数のレベルアップも準備いたしました。

 

お楽しみにされて下さい。

 

【 治りにくい病気ならSANGMeC・サンメック 】、【 治りにくい病気なら高橋動物病院 】に行くと良いよ、とおっしゃって頂ける動物病院創りを、日々努力してまいります。

 

 

 

■ 当院独自の【 好成績No.1医療 】

 

(1) スコティッシュフォールド猫の骨瘤治療(内科・外科)

(2) FIP(猫伝染性腹膜炎)の完治できる治療

(3) 腎臓病(腎不全)の生活の質を高める統合補完医療の治療

(4) 膵炎の再生医療を中心とした統合補完医療の治療

(5) 血管肉腫の生活の質を高める外科手術と統合補完医療の治療

(6) リンパ腫・肥満細胞腫の生活を高める外科手術と統合補完医療の治療

(7) 胆管肝炎の肝数値を下げる再生医療を中心とした統合補完医療の治療

(8) 難易度の高い各手術

(9) 抗酸化作用を活用した救命救急治療

(10) デトックス(排毒)療法を活用した治療

(11) 未病対策の事前準備(治療)

(12) 歯科歯周病再発防止の独自プログラム

(13) 耳血腫の再生医療を中心とした統合補完医療の治療

(14) 病後の再発予防の統合補完医療の治療

(15) 椎間板ヘルニアの外科手術と再生医療を中心とした統合補完医療の治療 など

 

 

■ 『 これらの医療を通じて、笑顔で喜んで頂ける毎日を経験できる 』、この楽しいビジョンを既に現実化しております。

 

■■■ 今後も、当院をご利用して【 愛のある応援 】を頂きたいと思います。 よろしくお願いいたします。

 

★ 感謝させて頂くから、愛のある応援を頂けるのだ。 【与えるから、与えられる】という格言を肝に銘じて、今年1年も楽しませて頂きます。

 

感謝して。

 

湘北どうぶつ次世代医療センター

院長  高橋 俊一

月別リスト

Page Top