【 デトックス・排毒 】に注目して特化した好成績な動物医療!!! 他では味わえない簡単なデトックス療法が当院にはあります 

 

参照サイト:

https://bit.ly/3iKq26M

 

 

■ カラダの中には、沢山の“ 毒(ドク) ”があります。 しかし、安心していて下さい。

 

■ カラダには、毒を溶かす【解毒作用を持っている臓器があります】。 主に、肝臓ですね。

 

 

■■ もし、その解毒をする臓器が弱ってきたらどうなるのでしょうか?

 

◆ 腎臓が弱って来ると、【 尿毒症 】という病気になったりします。 人間では、その尿毒症を大掛かりな治療として【 透析装置 】を使った、カラダから毒を排出する治療法等を定期的に行わないといけないのです。

 

 

■■ 動物でも、約40年ほど前に【 透析装置 】が開発されて、一部の先生方が使っておりましたが、小さな動物に対しての血液ロスが多いなど、負担が多いとの評価がその当時出て、結果として普及しなかったようです。

 

 

◆◆ 当院は、複数の他院様を経て来た、重症になっている子を助ける事が多いのですが、それには成功の秘訣があります。

 

■ それは、【 デトックス・排毒 】です。

 

■ しかも、透析装置などは使いませんので、安全性が高い治療方法を選んでおります。

 

■ ただし、的確な治療効果が出ているのかを判定するために、『 全国で数軒の動物病院しか持っていない 』特殊検査機器を使います。

 

 

◆◆ 先日も、この方法を用いて、良い結果を出したネコちゃんがいます。

 

事情があって、細かい事は出せませんが、『 瀕死の状態から食べれるようになって退院できたこと 』をご報告いたします。 動物さんも、飼主様も、笑顔で帰られました。

 

 

◆◆ がん治療においても、自然療法の抗がん剤治療の後でも【 がんが溶けて出てくる有害物質 】があります。

 

多くの動物病院では、その有害物質のために点滴を行って体外に流しだすと言う事をしていますが、それだけでは不十分である事は一部のドクターたちは薄々気づいています。

 

 

■■■ 当院では、その物質をデトックス・排毒する方法を用いて、何例も助けております。

 

自然療法を中心とした内服薬や、注射薬になりますが、効果が高く、安全性はとても高い副作用が殆どない方法になります。

 

 

■ 気になったら、一度photo.fahtakahashi@gmail.com までお問い合わせ下さい。

 

★ 次世代医療は、デトックス(排毒)が鍵・KEYですね。

 

獣医師 高橋 俊一

月別リスト

Page Top