【 こんな症例が治ります シリーズ 74 】 ニキビダニ症 も 的確な治療で治します。

 

 

 

 

 

 イヌ 7歳 オス(去勢手術済み) です。

 

 【 尻尾の付け根に脱毛がみられて痒そうにしているというワンちゃん 】です。

 

 皮膚の検査を実施すると、ニキビダニという寄生虫がたくさん見つかりました。

 

 このニキビダニという寄生虫は、ほとんどのワンちゃんが生後間もない頃にお母さんから感染しているために持っています。 しかし、幼い動物や身体の防御能が落ちている動物の場合にはこの虫が異常に増えたり、他の感染症が併発してしまうため、脱毛等の症状を引き起こしてしまうのです。

 

 今回のワンちゃんの治療には、虫を駆虫するための内服薬や注射と、虫が寄生している毛穴を洗い流すシャンプーを実施して頂きました。 また、併発していた皮膚の細菌感染の為に、抗生剤のお薬も飲んで頂く事にしました。

 

 治療を開始して2週間で、かなり皮膚の状態も落ち着いていき、2カ月間でほぼ完全に虫を除去することができました。

 

 自宅でのシャンプーと、毎週注射に通ってくださった飼い主様に感謝したいと思います。

 

☆ 当院は、アジア獣医皮膚科専門医の村山信雄先生に指導頂き、丁寧な皮膚科診察が可能です。 御安心下さい。 村山先生の専門医診療は、月1回実施しております。

 

◎ 次回は、8月11日(日)午前10時から完全予約制で行います。 

 

★ 予約は、046-274-7662(代)にお問い合わせください。

 

 獣医師 桃崎 昂 

 

月別リスト

Page Top