1分で分かる高橋動物病院
月別リスト
病院情報
  • 初めての方へ
  • 病院紹介
  • 強みの診療
  • 院内ツアー
  • 問診表ダウンロード
  • 獣医師シフト表
  • 情報館
  • 飼主様向け わくわく情報館 当院のオリジナルサービスをご紹介!初めての方は必見です。
  • おもしろ情報館 病院の最新ニュースをお伝えしています。多岐にわたる豊富な情報配信中!
  • ファミリーアニマル情報館 動物種ごとの予防や病気のお話をわかりやすくお伝えしています。
  • ファミリーアニマルトータルケア
  • しつけ教室
  • トリミング
  • ホテル
ファミリーアニマルホスピタル 高橋動物病院 大和市下鶴間1785-1 TEL.046-274-7662(代) FAX.046-274-7671
当院へのアクセス
当院へのアクセス
町田方面からお越しの方はコチラ
瀬谷方面からお越しの方はコチラ
Blog「イヌが大好き、ネコが大好き、どうぶつだいすき~!」
求人情報
クレジットカードでも支払い可能
JAHA
チャレンジ25

ファミリーアニマルホスピタル高橋動物病院は、チャレンジ25に参加しています。

ホーム > イヌが大好き、ネコが大好き、どうぶつだいすき~!
イヌが大好き、ネコが大好き、どうぶつだいすき~!

 

 

 

 

 

 

 

ウサギ 7歳 メス (未避妊)

 

【 血尿のようなオシッコをしたというウサギさん 】です。

 

■ 元気や食欲は問題無いけれども、昨日のおしっこが少し血混じりに見えたということで来院されました。

 

★ ウサギさんのおしっこは、正常でも少し赤く見える事があるので、血尿かどうかは来院された時点では不明でした。

 

■ しかし、高齢の未避妊の女の子が血尿する理由は、大きく分けて「泌尿器疾患(腎臓~膀胱)」・「生殖器疾患(子宮)」の二つが考えられるため、レントゲン検査とエコー検査を行うことにしました。

 

■ レントゲン検査とエコー検査の結果から子宮に何か問題があることは明らかでした。 しかし、良性のものなのか、悪性のものなのかは切除してみないと分からなかったため、飼主様と相談の結果、外科的に子宮・卵巣を切除することとなりました。

 

■ 手術でお腹を開けてみると、左の子宮が非常に膨れていました。 膣の上部まで切除して、取り出した臓器は病理組織検査を行いました。

 

■ 検査の結果としては、「子宮内膜炎」という結果でした。 子宮内膜炎とは、ホルモンのバランスが崩れることによって子宮の内膜が過形成を起こしてしまう状態です。 子宮内膜炎になっていると、子宮に粘液や膿がたまることがあります。

 

■ うさぎの4歳以上の女の子(未避妊)の7割の子達は、何らかの生殖器疾患を患っていると言われています。その中でも多いのが「子宮腺癌」です。 高い確率で肺に転移する怖い病気です。

 

■ ワンちゃんやネコちゃんでは、避妊手術は浸透していますが、ウサギさんではまだまだです。 しかし、中高齢のうさぎさんでこれだけ子宮の病気が多いという事実があるので、病院では積極的に手術を勧めています。

 

■ 女の子のウサギさんを飼われている方は、ぜひ一度検討してみて下さい(*^_^*)

 

獣医師 小田原由佳

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2016年5月20日(金)


飼主様向けセミナーのご案内です(*^_^*)

 

5月21日(土)に院内で飼主様向けセミナーを開催させて頂きたいと思います。

 

最近、日中は暑いくらいのシーズンとなり、本格的な痒みのシーズン到来となりました。

そこで、今回はちょっとマニアックな皮膚のお話をさせて頂きたいと思います。

 

普段なかなか知ることの出来ない知識を身につけて、レベルアップしましょう!!!

 

日時  : 2016年5月21日 (土) 14:00~15:30(予定)

 

内容  : 知って得する!! ちょっと詳しい皮膚科学!

場所  : 当院2F セミナールーム

参加費 :  一般の方 一組1500円

FPCC会員の方は、 特別無料ご招待させて頂きます

講師  : 桃﨑 昂 獣医師 関根 恵 看護師

 

参加枠数を限定させて頂いておりますので、お早めにお申し込み下さい。

現在残り枠、1組となっておりますのでご参加希望の方は、おいそぎください。

 

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2016年5月18日(水)


 

 

 

 

 

 

 

 

参照サイト : http://urx.nu/tR6t

 

猫 4ヶ月 メス (避妊手術未実施) です。

 

【 迷い込んできた猫ちゃんが後ろ足をブラ~ンとさせている 】という事で来院されました。

 

■ 拝見すると、元々右後ろ足の先端が未完成の状態のまま生まれてきたか、生まれたての頃にこの子にとって大きな傷を負ってしまったか、詳細は不明ですが、他の3本足で生活しているようでした。

 

■ 分かりやすく言うと、【 普段から地面に着いていない後ろ足が、ブラ~ンとしている 】状態でした。

 

■ レントゲンを撮ると、大腿骨が骨折していました。 しかも、他の足に比べて、骨の厚みが紙のように非常に薄く、まだ成長板という成長に大切な部分が閉鎖していない『 成長期 』である事が分かりました。

 

しかも、体重が1キロ台という軽量の子でした。

 

■ この骨折のタイプは、非常に獣医師泣かせの治しにくいレベルです。 なぜならば、

 

1) 骨質がモロイので、骨折が付きづらい。

2) 成長期なので、成長板を壊しての骨固定が出来ない。

3) 元々、着地していないので、骨に対する刺激が少なく通常の骨固定をすると、骨が溶けてしまう。

4) ギブスをしての固定だけでは、大腿骨という強い力がかかる部分には、骨折の癒合不全が起こりやすい。

 

という悪い要素が多いのです。

 

■■ しかし、飼主様の強い要望と協力姿勢があったので、今回の難しい骨折治療を行いました。

 

■ 当院は、成長期の創外固定術を得意としており、経験数も多いので、【 原理原則 】に従って骨固定を致しました。 この創外固定術とは、【 皮膚を大きく切らずに身体の外からピンを骨に通して骨折を治す 】方法です。

 

この手術には、Cアームという手術中にレントゲンが撮影できる装置も必要です。

 

★ なぜならば、創外固定術は、直接骨を見ないでピンなどで骨を固定する方法ですから、もしCアームが無かったら正確に整復できず、足の向きが違って付いてしまう事もあります。 可哀想ですよね。

 

■ 結果としては、見事に成功したのですが、ここで大活躍したのが、【 マル秘の装置 】です。 この子のために新しく購入致しました。

 

★ この装置のメーカー様曰く、『 動物病院では、あまり導入していない 』との事ですが、予想よりもとても良い結果が得られます。

 

■ 猫ちゃんも飼主様も笑顔になる治療になり、ハッピーな素晴らしい結果になりました。 嬉しいですね。

 

獣医師 新井澄枝

 

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2016年5月18日(水)


■~5月31日【締切間近です】

【 春の健幸推進運動 】

1) 病院スタッフお勧めの【 健やか幸せ 】推進運動です。

2) ワンちゃんフィラリア予防関係 記念優遇企画もあります。

3) シニア期の病気予防対策に力を入れています。

 

■5月21日(土)

【 飼主様向けクライアントセミナー 】

『 皮膚病について お伝えします 』

午後2時~ 当院2階 セミナー室

 

■5月28日(土)

【 犬しつけ教室 】

 

午後2時~ 当院2階 【予約制】

 

 

■6月の皮膚科専門診療日

6月9日(木) 午前10時~午後4時

 

 

●●● 【院内・院外学術研究会・セミナーなどのために診療時間 短縮日】

 

診療受付を 午後6時まで とさせて頂きます。

 

1)※ 5月19日(木)

 

★ 当院は、年間で80日以上、【最新獣医学の収集と研鑽】のための院内・院外学術研究会と国内外の学会・実習に参加し、【正しい診断・正しい治療】を行っております。

 

その為に、診療時間を短縮させて頂きます事を御了承下さい。

 

ファミリーアニマルホスピタル

高橋動物病院

 

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2016年5月15日(日)


 

 

 

 

 

 

 

 

皮膚科専門診察担当の桃崎です。

 

■ 4月より新体制となりました皮膚科専門診察ですが、大変ご好評いただいておりまして、今月の診察枠(5月12日)はすでに満員となっております。

 

■ 早い診察をご希望の飼主様には、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。

 

■ 次々回の診察予定は 【6月9日 木曜日】となっております。 診察希望の方は、お早めにお問い合わせと御予約を下さい。

 

ファミリーアニマルホスピタル

高橋動物病院

photo.fahtakahashi@gmail.com

046-274-7662㈹

 

担当: 桃崎獣医師

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2016年5月4日(水)

ページトップへ