年末年始診療スケジュール。 【 感謝報告 】○○をする事で、独自の視点で『 年初に立てた目標を達成 』いたしました! 感謝申し上げます。

 

 

■ 今年も『 笑顔の動物医療 』が多く出来ました事を、ご報告申し上げます。

 関わって下さった全ての皆様に感謝致します。

 

 

■ 当院には、2021年の年初に立て、皆様にも発表した15項目の目標がありました。

https://bit.ly/3zaU39K

 

 

 

■■■ それらが、目標を上回る成果をあげて『2021年』を修了する事が出来ました。

 

 

★ 終了ではなく、『 修了 』であります。
当院は、現在の知識技術に慢心する事なく、『 氣付きを中心とした“ 磨き ”を行って 』レベルアップという『 修練 』を行う事が出来ました。

 

★ 志しをなす事、それが私達の志事(仕事)です。 志事は修練ですので、『 修了 』であります。 しかも、修練ですので『 継続したレベルアップ 』が来年以降も続きます。

 

 

■ これらの“ 恵み ”を頂けた事、これもひとえに、当院をご利用下さった皆様方と、関わって下さった皆様のご支援ご指導とご協力のおかげです。

 

心より感謝申し上げます。

 

 

■■■ 特に、今まで治せないという事が常識でありました『 猫のコロナウイルス感染症である“ 猫伝染性腹膜炎(FIP) ” 』が、完治できる経験を数多くさせて頂きました。

 

 

■ 猫の『 スコティッシュフォールド猫の骨瘤 』という難治性の病気に関しても、日本国内で成功症例を複数抱えている動物病院は、当院がトップでしょう。

 

 

 

■ また、『 とても多くの珍しい手術 』を実施して成功する事が出来、他院様で『 諦めて下さい 』と言われた症例も手術や次世代医療などで助ける事も出来ました。

 

 

■ さらに、CT検査が直ぐに当院内で行えたことで善い医療が出来た症例がとても多く、この喜びを皆様と共有できました事も特筆すべき点だと思います。

 

 

 

 

■■■ 表題にあります『 ○○をする事で 』とは、実は一般常識を持っておられる方々にお話しても、殆どが信じてもらえない方法です。 ミステリアスな内容でごめんなさい。

 

私自身も、数年前には信じられなかった方法ですので、一言の説明では理解しにくいと思います。

 

この方法は、来年にでも『 信じて頂ける方だけに直接お話 』していこうと思います。

 

 

 

■ いずれにしても、2021年は感謝溢れる幸せな一年でありました。

 

■ 来年の目標は、2022年1月にご紹介させていただきます。

 

★ 改めて、当院に関わって下さった多くの方々にお礼と感謝を申し上げます。
良い年をお迎えください。

 

 

湘北どうぶつ次世代医療センター
(サンメック高橋動物病院)
院長  高橋 俊一

月別リスト

Page Top