【お困りではありませんか? シリーズ 2】  モルモットを飼ったけど ビタミンCの本当の与え方はどうしたら良いの?

モルモットの間違いやすいビタミンC補充。
フードや草からだけでは、実は不十分です。
気を付けて下さいね。

 

参照サイト:

https://bit.ly/3zh5U5e

 

■■■ モルモットの飼い方 のプロから見た注意点

 

 

 

■ モルモットは、テンジクネズミ属の一種で、南米に生息するテンジクネズミ科の野生種が古代インディオのもとで家畜化された種です。

 

  •  比較的飼いやすいといわれており、愛玩用の小動物の中ではかなり人気です。

  •  当院でも沢山のモルモットが診察を受けに来院されます。

 

 

■■ そこで、今回はモルモットの飼い方についてお話しさせていただきます。

 

 

■▶▶ 誤解されてませんか? ビタミンCの注意点について。

 

 

■ モルモットはビタミンCを体内で合成する事が出来ません。 そのため食事から補給する必要があります。 必要量は15-20mg/kg/日と言われておりますが、病気などストレスがかかっている時や妊娠している時は、体内の必要量が上がり、30mg/kg/日以上になります。

 

■ ビタミンC欠乏症になってしまうと、『 食欲不振、体重減少、鼻汁、嗜眠、粗い被毛、毛並みや色つや、軟骨の接合部などの腫脹、長骨端骨板の変性、歯肉や関節の出血など 』が見られます。

 

 

  •  モルモットにとって、ビタミンCは本当に大切な栄養分なのです。

  •  摂取の仕方ですが、ペレットから取らせている、という患者様がとても多いです。

 

 

■ モルモット用のペレットは、大概の場合ビタミンCが添加されています。

 

 

### しかし、ビタミンCは、熱や空気、湿気、金属に触れると、どんどん破壊されてしまいます。

 

 

 

▶▶ ですので、『 長期保存される事が多いペレットのみでは、ビタミンC欠乏症になりやすい 』のです。

 

 

  •  野菜から摂取する、という手もあります。 ブロッコリー、パセリ、ピーマンなどが豊富にビタミンCを含んでいます。

 

 

  •  しかし野菜のみでビタミンCを補おうとすると、かなりのカロリーになってしまいます。

 

 

 

■ ▶▶▶ やはりモルモット専用のビタミンC含有のサプリメントを、

保存方法に気をつけながら、しっかり与えていただく事が大切だと思います。

 

 

■ 健康な生活が長く保てるよう、正しい管理を行なって下さい。

 

 

獣医師 増田正樹

月別リスト

Page Top