★ 最近、当院でビックリした【 未来につながる医療 】について知りたいですか?

【1】 ヒザの前十字靭帯断裂、正しくは【部分断裂】が新しい方法で治った!!!

 

※※※ これは、まだ学会にも発表していないマル秘治療なので、詳細が書けません事をお許し下さい。

 

■ 犬の膝の前十字靭帯部分断裂の場合、通常は柔らかいギブス固定にするか、専用の装具を付けるか、の治療方法だと思います。

 

⇒⇒⇒ しかし、今回使い始めました【靭帯損傷の組織再生を促す薬】は、数回の注射で治してしまったのです。

 

⇒⇒⇒ 治療期間、たったの10日間。

 

 

⇒⇒⇒ 1か月経ったところで、靭帯が安定すると思うので、先日仕入れた新しい【膝へのストレス検査】を行って、完治しているかを確認する予定です。

 

■ 治療方法を紹介して下さった専門医の先生は、【靭帯の完全断裂には、無理だ!】と言う事も説明されておられました。

■ 特殊なお薬なので、一般の動物病院では入手困難です。

 

 

【2】 スコティッシュフォールド猫の骨瘤が【内科療法】で治り、しかも骨瘤が溶けてきた?!

 

※※※ これも、症例数が少ないので、まだ詳細を語れませんが。

 

■ しかし、1例の骨瘤の子が、副作用なく痛みが減り、骨瘤が溶け始めたのも事実です。

 

 

⇒⇒⇒ スコティッシュフォールド猫の骨瘤。 当院では、数多くの子を診察させて頂いております。

 

⇒⇒⇒ 100%効果がある治療ではありませんが、効果がある子にはとても有効な治療があります。

 

 

※※※ 飼主様の了解が得られましたら、レントゲン画像を後日紹介致します。

 

 

■ もし、スコティッシュフォールド猫の骨瘤でお悩みの方がおられるならば、100%ではありませんが、内服薬でお助けできるかもしれません。

 

■ 間違って頂きたくないのは、【内科治療】で、効果が無かった子もいるという事実です。

 

■ 希望を持って頂きたいのは、来年新春ごろから【スコティッシュフォールド猫の骨瘤の外科療法】を再開できる可能性が出てまいりました。 只今、休止しております【プロジェクトA】は、外科+大学での特殊治療という構成で出来ております。

 

現在、その大学での治療が、休止状態ですので、再開の情報が入りましたらお知らせ致します。

 

お読み頂きありがとうございました。

 

院長 高橋 俊一

月別リスト

Page Top