【 こんな症例が治ります シリーズ 186 】  ネコの膀胱結石による血尿も 的確な治療で治します。

 

 

 

 

参照サイト:

https://goo.gl/TRUvU4

 

 

ネコ 2歳10ヵ月齢 メス(避妊手術済)です。

 

【 血尿が3ヵ月続き、なかなか良くならない 】というネコちゃんです。

 

■ 女の子のネコちゃんということもあり、膀胱炎の可能性も考え、尿検査及びレントゲン検査を実施いたしました。

 

■ レントゲンでは膀胱の中に大きな石が5つ認められ、それが膀胱の中で移動をすることにより膀胱粘膜を傷つけ、血尿が起きていることがわかりました。

 

■ さらに、尿検査でのオシッコの性状から、食事療法では溶けないタイプの石が強く疑われたので、手術にて取り除くことになりました。

 

■ 術後数日で血尿も出なくなり、自力で普通のオシッコが出来るようになりました。

 

■ 結石が出来てしまうには、2パターンあります。

★ 1つは腎臓が悪くなった結果、カルシウムとリンのバランスが乱れて石が出来てしまいます。

 

★ もう1つは、腎臓は悪くないが、普段の食生活やその子の体質によって出来てしまいます。

 

■ 今回のネコちゃんの場合、尿検査や血液検査の結果から後者と判断し、食事自体を尿石が出来にくいものに変えて頂く事となりました。

 

■ おやつの好きだったネコちゃんなので、食事の制限は物足りなくなってしまうかもしれませんが、おやつを我慢して、尿石の出来にくい状況を作ってあげることが、長い目で見た時にそのネコちゃんの幸せになるかもしれませんね(*^_^*)

 

獣医師 新美綾乃

 

 

月別リスト

Page Top