【 こんな症例が治ります シリーズ 142 】 歯周病 も 的確な治療で治します。

とても優秀な高性能動物用歯科ユニットです。 この御陰で短時間麻酔が可能になります。

 

 

ネコ 8歳 オス (去勢手術済み)

 

【 右の犬歯が浮いて口臭がひどいというネコちゃん 】です。

 

■ 1年前程から、右の上顎の犬歯が浮いていて、口臭が気になっていたそうです。 ここ最近、以前より犬歯が浮いてきたという事で当院にいらっしゃいました。

 

■ お口の中を見てみると、右の上顎の犬歯が1cm程浮いており、その歯には中等度の歯石が付いているのが確認できました。 他の歯に関しては、軽度の歯石が付着していました。

 

■ お薬などの内科治療での完治は難しいと判断し、麻酔をかけての歯石除去と抜歯を行いました。

 

■ 浮いていた右の犬歯の根元は、歯周病により顎の骨が溶けていました。

 

■ 手術後、以前より食欲が増し、食事に口を気にする素振りが全く見られなくなったそうです。

 

 

■ 手術後、飼主様から「こんなにきれいになるとは思わなかったです!」と嬉しいお言葉も頂けました。

 

■ お口の健康は全身の健康につながります!

 

■ 歯石除去などの手術ももちろんですが、日頃のデンタルケアでお悩みがあればお気軽にスタッフにお声かけ下さい(*^_^*)

 

獣医師 小田原由佳

 

月別リスト

Page Top