【 こんな症例が治ります シリーズ 88 】 マラセチア性外耳炎 も 的確な治療で治します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヌ 13歳 メス(避妊手術済み) です。

 

 【 左耳から耳垢がドロ~と出てきたワンちゃん 】です。

 

 定期的なお耳掃除を病院でした数日後、お耳からドロ~としたものが出てきたという事で来院されました。

 

 お耳の中を覗いてみると、左側の鼓膜が破れており、ドロ~としたものがお耳の中に溜まっていました。 その耳垢を染めてみたところ、たくさんの細菌がいました。

 

 治療法として、定期的なお耳掃除に加えて抗生剤を飲んでもらうことにしました。

 

 治療をしていたある時、耳道にポリープができ、それが治療の妨げになり、なかなか鼓膜が再生せず頭を悩ませていました。

 

 もう一度、耳垢を染めてみたところ、今度は細菌ではなくマラセチアという真菌が多く認められました。

 

 マラセチアに対して、抗真菌薬を飲んでもらうようにお願いして内服して頂いたところ、耳の中が劇的にきれいになり、最終的には数か月治療しても再生してこなかった鼓膜が再生しました !!

 

 飼主様、動物さんと一緒に非常に喜びました (*^_^*)

 

 外耳炎といっても、原因は様々です。外耳炎でお困りがありましたら、獣医師にご相談下さい。

 

 

獣医師 小田原 由佳 

月別リスト

Page Top