1分で分かる高橋動物病院
月別リスト
病院情報
  • 初めての方へ
  • 病院紹介
  • 強みの診療
  • 院内ツアー
  • 問診表ダウンロード
  • 獣医師シフト表
  • 情報館
  • 飼主様向け わくわく情報館 当院のオリジナルサービスをご紹介!初めての方は必見です。
  • おもしろ情報館 病院の最新ニュースをお伝えしています。多岐にわたる豊富な情報配信中!
  • ファミリーアニマル情報館 動物種ごとの予防や病気のお話をわかりやすくお伝えしています。
  • ファミリーアニマルトータルケア
  • しつけ教室
  • トリミング
  • ホテル
ファミリーアニマルホスピタル 高橋動物病院 大和市下鶴間1785-1 TEL.046-274-7662(代) FAX.046-274-7671
当院へのアクセス
当院へのアクセス
町田方面からお越しの方はコチラ
瀬谷方面からお越しの方はコチラ
Blog「イヌが大好き、ネコが大好き、どうぶつだいすき~!」
求人情報
クレジットカードでも支払い可能
JAHA
チャレンジ25

ファミリーアニマルホスピタル高橋動物病院は、チャレンジ25に参加しています。

ホーム > イヌが大好き、ネコが大好き、どうぶつだいすき~!
イヌが大好き、ネコが大好き、どうぶつだいすき~!

 

 

 

 

 

参照サイト:

https://goo.gl/d27ZiU

 

 

 

犬 9歳 メス (避妊済み)

 

【 最近、左耳をすごく痒がっていて、くちゅくちゅ音がする 】というワンちゃんです。

 

■ 数日前から、左耳を気にしているということだったので、耳の中を見てみると、黄色い液体が溜まっていました。

 

■ その液体を検査で調べてみると、細菌が大量にいることが分かりました。 検査結果から、「緑膿菌」が原因である可能性が示唆されたので、同時に「培養検査」という特殊な検査を行いました。

 

■ 培養検査の結果が返ってくるまでは、耳掃除などの対症療法を行いました。

 

■ 1週間後、培養検査の結果をみてみたところ、想像通り、「緑膿菌」の感染が認められました。 「緑膿菌」とは、非常にやっかいな菌です。 耐性(抗生剤が効かなくなる性質)を獲得しやすく、治療に難航するケースが多くあります。

 

■ 外耳炎の原因菌が緑膿菌だった場合、お耳の洗浄液に特殊なものを使用し、少し特殊なやり方で治療をしていきます。

 

■ すると、治りにくいと言われている緑膿菌の感染が、数回の洗浄でコントロールできるようになりました。

 

■ 治療が進むにつれ、ワンちゃん自身も耳の痒みと痛みから解き放たれて、楽になったみたいです。

 

■ 外耳炎は、様々な原因で起こります。 毎回同じやり方で治療するのではなく、その子にあった治療法を選択する必要があります。

 

■ お耳のトラブルでお困りでしたら、ご相談ください。

 

獣医師 小田原由佳

 

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2017年10月20日(金)


 

 

 

 

 

 

 

参照サイト:

https://goo.gl/B2mB8H

 

 

イヌ 13歳9ヵ月 オス(未去勢) です。

 

【 2日前から食欲が無くなり、全く鳴かなくなった。元気が無い。動かない。 】というワンちゃんです。

 

■ ワンちゃんの身体検査を行っている時に、【 お腹が張っており、波動感がある 】状態で、お腹に水が溜まっているような感覚がありました。 そして、心臓の雑音が重度に聴診できる状況でしたので、血液検査および胸部と腹部のレントゲン検査を行いました。

 

■ レントゲンの結果、心臓はかなり大きくなっており、お腹の中にはお水が溜まっていました。

 

■ 腹水が貯留している際に考えられる原因として、

 

①    血液中のタンパク質の一種類であるアルブミンが低下することにより、浸透圧の影響で腹水貯留する。

②    腫瘍による圧迫や、心臓起因性に静脈のうっ血が発生して腹水貯留する。

③    重度の炎症が発生し、血管透過性の亢進により腹水貯留する。

 

これらを判断するには、全身精査及び、腹水検査で腹水の性状の確認を行う必要があります。

 

■ 検査を総合的に判断すると、このワンちゃんの場合、心臓起因性の腹水貯留と考えられました。

 

◆ なぜ心臓が悪くなるとお水が溜まってしまうのか・・・

 

それは、本来心臓は

大静脈( 酸素の少なくなった全身の血液を心臓へ送る )→右心房→右心室→肺(酸素を含む血液にする)→左心房→左心室→大動脈( 酸素をたくさん含む血液を全身へ送る )

・・・といった、全身に血液を送るポンプのような働きをしています。

 

◆ よって心機能低下が発生すると、しっかりとしたポンプとしての機能が果たせず、全身に送るべき血液を送れず、心臓にどんどん負荷がかかってきてしまいます。

 

◆ その結果、心臓内の血液は逃げ場がなくなり、血液の逆流がどんどんひどくなります。

【 左側の心臓が悪い → 肺水腫 】、【 右側の心臓が悪い → 胸水、腹水貯留 】の発生となります。

 

■ このワンちゃんの場合、左右共に心雑音があり、特に右側の心臓の部屋での逆流が強くあった為、腹水がたまってしまったのです。

 

また、心臓に負荷がかかった結果、低酸素状態になり、通常と比べ疲れやすくなり、食欲不振、元気が無い、という状況になったと考えられました。

 

■ そのため、心臓薬および、利尿剤の投薬をしていただくことになりました。

投薬と並行して、数日にわたって溜まっていた腹水抜去を行いました。

 

■ 今では飼主様が頑張って投薬をして下さり、動物さんが頑張ってお薬を飲んでくれたおかげで、少しずつ食欲が戻り、鳴くようにもなり、歩けるようになりました。

 

■ 動物さんは本能的に体調の変化を隠す傾向があり、体調の悪さが見て分かるようになった時には重症になっていることもあります。

 

■ 動物さんの体調に関してご不安があればお気軽にご相談ください(^^)/

 

獣医師 新美綾乃

 

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2017年10月13日(金)


 

 

先日、2017年10月7日に『 FAH流 やさしい血液検査の読み方part3 』を行わさせて頂きました。

 

『 やさしい血液検査の読み方 』の第三弾となります。

 

このセミナーの目的の一つは、飼い主様に『 より詳しく血液検査の内容を理解していただく 』というものでした。

 

今回は、シリーズの三回目という事で、血球(赤血球、白血球、血小板など)について説明させていただきました。

 

『『 炎症 』』や『『 貧血 』』が起きたら? どんな血液検査の結果になるかご存知ですか???

 

『 実は、一種類の答えではないのです。 多くのパターンがあるのです。

 

そのようなお話をさせて頂きました。

 

参加頂いた飼主様やFPCC会員様は、ぜひ一度、動物さんたちの血液検査の結果とセミナーの資料を照らし合わせてみて下さい。

 

★ 次回のシリーズ第四弾では、今回の血球のお話を基礎として、『 血液の病気 』についてお話をする予定です!!  もし、今回参加されていなくても、理解できるようにお話させて頂きますので、ご安心下さい。

 

 

皆さんの動物さんが健幸な生活を送れるよう、これからもよりよい情報を発信していきたいと思います。

 

ご参加してくださった皆様、ありがとうございました。

 

獣医師 竹内大起

 

 

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2017年10月13日(金)


■ 10月の『 秋の健幸増進普及推進運動 』

 

いつも好評の項目が院内に掲示されています。

 

特に、心臓病の初期発見が出来る【新企画】が、9月中旬からスタートしております!!

 

 

■ 今まであったら良いのになあ~と思っていた【新医療機器】を複数導入致します。 もう少しで完全に揃います。

 

これで、今まで以上の安心安全の病院にグレードアップしてまいります。 【 さらに良くするためには? 】が当院の口癖です!!

 

★ 先月も書きましたが、2015年以降に、当ホームページにアップしていない【 地域初 】の医療機器が沢山あります。

順次アップしていく予定ですので、お楽しみされて下さい。

 

 

■ 10月の『 飼主様向けセミナー 』 ⇒ 好評のうちに終了致しました。

 

★ 10月7日(土)午後2時~午後3時半 【 終了致しました 】

当院2階 セミナー室

【定員制・予約制です】

046-274-7662

 

【テーマ】

『 これだけは知っておきたい血液の常識  』

 

スピーカー: 竹内大起 獣医師

監 修  : 齋藤隆太 獣医師

 

【参加費】

FPCC会員の方: 無料です。

会員以外の方 : 1500円

 

## 11月は、最近どんどん実力を伸ばしてきている、新美綾乃獣医師がスピーカーとして登壇させて致します。

 

 

■ 10月の皮膚科専門診療日 ■

 

### 当院の皮膚科専門外来が、リニューアルオープン致します。

 

★ 大きな変更点として、10月から

月2回のバージョンアップした皮膚科専門診療を、展開してまいります。

【 基本的に、第2土曜日と第4土曜日になります 】

 

# 10月14日(土)午前10時~昼12時、 午後4時~午後6時(診察受付終了)

 

# 10月28日(土) 同上

【【 完全予約制です 】】

 

## 麻布大学附属動物病院 皮膚科責任者 川原井晋平先生

 

⇒  この先生は、麻布大学の複数の教授からご推薦を頂きました。

 

⇒  川原井先生は、東京大学大学院を修了されて、『内科学・皮膚科学』を習得され、【 アレルギー性皮膚炎などを本質的に治す 】、【 飼主様と動物に負担の少ない皮膚科診察を行う 】、【 独自の視点で、地域活性化を同時に行う治療方法の開発を行う 】など、ユニークでなおかつ多くの実績をお持ちの先生です。

 

⇒  今まで、【 一般的な獣医療では治らなかった皮膚病 】、【 何度も皮膚病が再発を繰り返して困っている 】などの方には。朗報です。

 

★ 大学病院というと、敷居が高い印象があったり、遠方過ぎるなど、身近な感じがしないのではないでしょうか。

 

⇒⇒ 今回は、【【 大学病院の診察が、気軽に当院で受診できるようになった! 】】と思われて下さい。

 

⇒  まだ詳しくは言えないのですが、【 ある原因菌によって起こった皮膚病に対する治療方法 】【 ある皮膚のシコリの有効な診断方法 】に対して、先生は独自の方法をお持ちなので、今までよりも、とっても気軽に治療できると思って下さい。

 

⇒⇒ 麻布大学との正式契約ですので、ご安心下さい。

 

★★ 予約は、お電話でお気軽にお問い合わせください。

 

連絡担当: 桃崎(ももさき)獣医師

046-274-7662

photo.fahtakahashi@gmail.com

 

 

■ 10月の『 犬のしつけ教室 』

 

★ 10月21日(土)午後2時~3時 当院2階セミナー室(+ベランダ)

【完全予約制です】

046-274-7662

 

講師: 湘南家庭犬・警察犬訓練所所長 渡辺 登志男先生

 

担当: 桃崎、富田、窪田

 

 

■■ スマイル プロジェクト ■■

 

★ 楽しい企画を実施しております !!

 

★ 院内に掲示されておりますので、御覧下さい。

 

 

●●●【院内・院外学術研究会・セミナーなどのために診療時間 短縮日】

 

受付を 午後6時まで とさせて頂きます。

 

1)※10月12日(木)

2)※10月19日(木)

3)※10月30日(月)

 

★ 当院は、年間で80日以上、【最新獣医学の収集と研鑽】のための院内外学術研究会と国内外の学会・実習に参加し、【正しい診断・正しい治療・心を込めた動物医療】を行っております。

 

その為に、診療時間を短縮させて頂きます事を御了承下さい。

 

ファミリーアニマルホスピタル

高橋動物病院

 

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2017年10月8日(日)


 

 

 

 

 

 

 

皮膚科専門外来のリニューアルオープンのご案内です。

 

■ 皮膚病が治らなくて困っている。 こんな方はおられませんか? 人間でも皮膚科の治療薬で体調を崩す方がおられるのです。

 

■ 動物さんは、3~10Kg台の体重の子が多いですよね。

良く考えてみて下さい。 人間でいえば、新生児から1歳4か月ぐらいの体重なのです。

 

■ その子の病気に対するお薬の投与。 慎重になりませんか?  実は、動物病院の治療とは、毎日そのような慎重な場面の連続なのです。 しかし、総合臨床医である街の獣医師は、各診療科目を深堀りして最新情報を得ている時間が無い、というのも実情です。

 

■ だからこそ、高度な知識と技術を持った【各科目の専門診療医】による、精度の高い医療が動物医療には必要なのです。 全ての病気に対してではなく、治りにくい病気に対してや、薬の副作用が出てしまって困っている病気などは、【専門性】が必須だと思います。

 

■ 当院では、以前より<< 皮膚科診療 >>に力を入れております。

 

■ 今回、【10月14日 土曜日】より、当院の皮膚科専門外来をリニューアルオープン致します。

 

■ 今回は【 麻布大学付属動物病院 皮膚科主任 川原井先生 】にお越しいただき、月に2回の診察を実施していく予定です。

先生は日々大学病院にて、皮膚病の表面的な治療ではなく、その背景に隠れている根本的な原因に対してアプローチすることで、多くの難治性の皮膚病を治しています。

 

■ 『 薬は飲み続けているけど、いまいち良くならない。』

『 皮膚はちゃんと詳しい所で診てもらいたい。』

『 今までとは違った角度で診てもらいたい。』

『 何度も再発して困っている。』

 

そんなお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談下さい。

 

 

★ 先生しかお持ちでない【 種々な治療方法、治療薬 】も開発されていて、驚くほどの効果が出ているモノもございます。

 

■ 現時点ではまだ、新患枠に若干余裕がございますので、ご希望の飼主様は日程をご確認の上、当院スタッフまでお問い合わせください。

 

ファミリーアニマルホスピタル

高橋動物病院

photo.fahtakahashi@gmail.com

046-274-7662㈹

 

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2017年10月5日(木)

ページトップへ