【 感謝申し上げます 】 2020年は、当院をさらに良くするための善き年になりました

大和市の動物病院で初めて導入した【特殊医療機器・サンダービート】です。
太い血管を瞬時にシーリング(特殊な止血方法)したり、内臓の臓器を部分切除手術したりするのが、短時間でできるので、高齢動物手術用に適しています。

 

■■■ 今年の最後のニュースとして、当院の得意とする外科、特に難易度の高い外科手術が、革新的にレベルアップ出来る【 特殊手術器機 】である、サンダービートが導入されて手術が開始できるようになった事です。

 

 

■ この【 サンダービート 】は、今まで難易度の高い癒着の激しい腫瘍外科や、副腎摘出や、腎臓摘出や、脾臓・膵臓・肝臓の部分切除や、消化管外科(特に側々吻合)などが短時間で出来、出血も少なくて済む【 優れもの 】です。

 

 

■ 高齢動物の手術が多くなった昨今の傾向において、【 確実で、短時間手術が可能 】である事は、最重要事項となります。 その為にも、この【 サンダービート 】は大活躍するでしょう。

 

 

 

 

■■■ 2021年はこの機器だけでなく、臨床獣医師として、また社会人として落ち着きが十分ある【 8名の獣医師 】を中心としたスタッフ体制で、レベルの高い、治療の選択肢の多い動物医療を推し進めてまいります。

 

 

■ 具体的には、【2021年の発展計画】を、来年の年頭のあいさつでご紹介させて頂きます。

 

★ 是非とも、ご期待下さいますようお願い申し上げます。

 

 

■ 2020年の診療最終日にあたり、当院をお支え下さった方々に、心から感謝申し上げます。

来年も、宜しくお願い致します。

 

皆様方のご多幸をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

湘北どうぶつ次世代医療センター(SANGMeC・サンメック)

ファミリーアニマルホスピタル高橋動物病院・CTセンター

院長  高橋 俊一

2020年12月30日

月別リスト

Page Top