【こんな症例も治りますシリーズ 356】 犬の耳道内閉塞 も的確な診断と治療でコントロールします。

ワンちゃんの破裂した鼓膜です。 手前が外耳道で、奥が中耳です。 通常は、鼓膜があって、中耳が見えません。

 

参照サイト:

https://bit.ly/2RZ7F3k

 

犬 12歳8ヵ月 オス(去勢手術済み)

【 片方の耳だけを、すごく気にして頭が傾いている 】というワンちゃんです。

 

■ 耳の中を覗いてみると、鼓膜にぶつかるように大きな耳垢が溜まってしまっている状態でした。

■ そのため、耳の中専用の細い管を使い、耳垢を取り除く処置をさせて頂きました。

 

 

■ 耳垢が取り除かれた後に、鼓膜全体を確認してみると、一部裂けてしまっている状態でした。

また、耳垢が長らく耳の中にいたため、赤く腫れあがっていました。

■ そのため、消炎治療を行いながら定期的な耳道内洗浄を行わせて頂いたところ、鼓膜は再生し、炎症もしっかり治まりました。

 

 

■ ワンちゃんの耳は特殊な形をしており、特に垂れ耳の場合は耳道内に耳垢が溜まりやすいので、定期的なお耳のお掃除をおすすめします。

 

 

獣医師 新美綾乃

月別リスト

Page Top