【こんな症例も治りますシリーズ 351】 犬の後肢の痛み も的確な診断と治療でコントロールします。

ワンちゃんの左後ろ足に付いている装具ですが、ヒザの中の靭帯が切れてしまった時のギブスの一種です。

 

 

参照サイト:

https://bit.ly/2TYcGcO

 

犬 3歳 メス(未避妊)

【 足を痛そうにしている 】との事で来院されました。

 

 

■ 幸い、レントゲンで異常は見当たらず、入念な身体検査で後肢の膝蓋骨(ヒザのお皿)の脱臼や前十字靭帯の損傷もないことが分かりました。

■ そこで、安静にすると共に消炎剤で痛みを和らげる治療を行ったところ、無事いつも通りの生活が出来るようになりました。

 

 

■ 加齢による関節炎やヘルニアなど慢性的な痛みで、日常生活の快適さを奪ってしまう病気は様々あります。

■ 生活の質を維持するために、状態によってサプリメントや消炎剤、レーザー、オゾン療法、光線療法など豊富な選択肢から治療を決めていけるということが、当院の強みになります。

■ いつも姉妹で元気に走り回れる生活を続けられるように、サポートしていきたいと思います。

 

 

獣医師 冨田浩平

月別リスト

Page Top