【こんな症例も治ります シリーズ 331】 犬の胃内異物 も 適切な診断と治療でコントロールします

消化器内視鏡で、大活躍する特殊な鉗子類です。今回は、右の真ん中の鉗子を活用しました。

参照サイト:

https://bit.ly/2RWGh70

 

 

コーギー 3歳 去勢オス

 

■ 以前から時々血便がでるとのことで治療していた症例です。 少し前にも腸内細菌が乱れていたため、抗生剤と整腸剤を処方したところだったのですが、今回の主訴は血便ではなく【ボンボンを食べた】、でした。

 

■■ 1日前に、首飾りとして付けていた直径約2㎝大のフェルトのボンボンを11個も食べてしまったのです。 それでも、本人は食欲・元気あり、吐き気・下痢は無いとのことでした。

 

■ まず、わざと吐かせる注射をして吐かせてみました。 そうしたら、2個は1回吐いて出てきたのですが、残りは出てきそうもなく、レントゲン・エコー検査でも胃の中にまだゴロゴロしたものが見られました。

 

■ 胃の中にあるものは、内視鏡で取り出せるのでオーナー様と相談してそのまま内視鏡に進みました。(犬・猫の内視鏡は麻酔が必要です。また、内視鏡では十二指腸までは届くのですが、それ以降で流れてしまい、閉塞を起こしてしまう場合は開腹・腸切開となります。)

 

■ 胃の中に内視鏡のカメラを進めていくと、残りの9個のボンボンすべてがそこに留まってくれていました。 あとは、バルーン状の異物鉗子(網のようものを広げてボンボンを捕まえる)で掴みながら、内視鏡ごと取り出すという作業を9~10回繰り返し、全て取り出すことが出来ました。

 

■ 大きさ・形によっては食道で引っかかってしまい手術なることもあるのですが、ギリギリのサイズでした。

 

■ このように異物は早期なら吐かせたり、開腹手術をせず内視鏡で、かつ低侵襲で取り出すことが出来るので様子をみず、すぐ来院しましょう。

 

※ 皆さんもご存知の【胃には胃酸がある】ので、時間が経た異物は、酸によってとても固くなります。

内視鏡で取り出せなくなりますので、とにかく早めにご来院下さい。

 

獣医師 野村竜哉

月別リスト

Page Top