1分で分かる高橋動物病院
病院情報
  • 初めての方へ
  • 病院紹介
  • 強みの診療
  • 院内ツアー
  • 問診表ダウンロード
  • 獣医師シフト表
  • 情報館
  • 飼主様向け わくわく情報館 当院のオリジナルサービスをご紹介!初めての方は必見です。
  • おもしろ情報館 病院の最新ニュースをお伝えしています。多岐にわたる豊富な情報配信中!
  • ファミリーアニマル情報館 動物種ごとの予防や病気のお話をわかりやすくお伝えしています。
  • ファミリーアニマルトータルケア
  • しつけ教室
  • トリミング
  • ホテル
ファミリーアニマルホスピタル 高橋動物病院 大和市下鶴間1785-1 TEL.046-274-7662(代) FAX.046-274-7671
当院へのアクセス
当院へのアクセス
町田方面からお越しの方はコチラ
瀬谷方面からお越しの方はコチラ
Blog「イヌが大好き、ネコが大好き、どうぶつだいすき~!」
求人情報
クレジットカードでも支払い可能
JAHA
チャレンジ25

ファミリーアニマルホスピタル高橋動物病院は、チャレンジ25に参加しています。

ホーム > ファミリーアニマル情報館 > 一般診療
強みの診療

うさぎ
歯・胃腸病

◆ 新・アニマルドッグ ワンニャンドッグを一度
  ご経験・ご利用ください!!

 皆様もお分かりだと思いますが、動物たちは概して初期のうちに病気を隠し、ある程度ひどくなってから症状を現すものです。

 動物たちも高齢化に伴い、複雑な病気も増えてまいりました。 病気の初期であれば僅かな治療で治ったにもかかわらず、時間がかなり経てから来院するケースも多々あります。 そこで、病気を早期発見・早期治療するためにも、今までのものをリニューアルし、 皆様に利用しやすい形で『 ワンニャンドック(定期健康診断システム) 』を始動しております。

リーズナブルで簡単なタイプが好評です!!

 さらに、数年前より、より簡単な検査項目数もリーズナブルに減らしました【 健診パック 】を3種類御用意しました。 こちらのシステムも好評でして、リピーターの方も増えてきております。

 便利でお得なこのシステムを、ぜひ御利用下さいますよう御案内申し上げます。 なお、検査終了後、一定期間経た後に“当院独自のわかり易い『 検査報告書 』”を、大切なワンちゃんネコちゃんのために作成いたします。 この検査報告書は、従来の物とは一味違う物で、飼い主さんによく理解しやすいように配慮されております。

ここが大切!

 異常の発見ばかりがドック(定期健康診断システム)の役割と思われがちですが、 『 健康状態異常なし 』という確認のために検診を行う事が大切である、と当院では考えております。

 そこで動物たち一匹一匹、そして飼い主さん一人一人を大切に思いながら、その子に合わせたきめ細やかな 健康アドバイスをさせて頂きます。

 若いと思っていても、アッという間に中年層・高齢層になるのが動物たちの体です。 若い時から平常時の健康データを大切に保存しましょう。

 御気軽に御相談下さい。

歯・胃腸病

 ≪ 自分で歯磨きをしているワンちゃんネコちゃん ≫がいたら、いいですよねぇ。

 7歳以上のワンちゃんネコちゃんで、口腔内(口の中)のトラブルが無い子は殆んどいないと言われています。

 “なぜでしょうか。 ”

動物たちはガマンしているのです

 原因は大きく分けて2つです。 すなわち、

  • 口の中には約数百億〜数兆個のバイ菌が常におり、
  • それをワンちゃんネコちゃん自身をはじめ、飼い主さんが効果的な殺菌、抗炎症治療を行っていないという事です。

 いまや、動物たちも高齢化時代です。 口の中の状態が悪い子は、内臓病が確かに多く起こります。 これは、統計上でも証明されています。

皆さんがカン違いされやすいことは、コレです!

 老齢になって歯石除去や歯周病治療がしっかり出来ない子がたくさんいます。

 “なぜでしょうか。 ”

 老齢の為に出来ないのではなく、内臓病のために出来ないのです。 ですから、若い時から定期的にケアーしてあげましょう。

 当院が出来る『 レベルの高い歯科技術 』で、御手伝いさせて頂いております。

 御気軽に、一声おかけ下さい。

 ここで耳寄りな情報ですが、歯科治療を受け終わった後に『 自宅で出来る簡単な歯石付着再発予防グッズ 』が当院で御好評を頂いております。

 特に、一年程前から新しい考え方の予防薬品を導入致しました。 アメリカ獣医歯科学専門医が推薦する新しい方法です。

 当院受付で御気軽にお尋ね下さい。 お待ちしております。

 一つだけお願いしたいのですが、お電話でのお問い合わせは充分にご説明が出来ませんので、ご遠慮下さい。

歯・胃腸病

オススメケア用品

 10年前よりも、ご家庭の中での動物たちと飼主さんとの密着度が増していると思います。 これは大変良い事です。

 診察室内でも、『 何か自宅で出来るケアーの方法はないですか? 』と言う質問が増加してまいりました。

 そこで、このコーナーでは皆様が御気軽に出来るケアー用品を中心に、御紹介をしていきたいと考えております。

 ホームページをリニューアルさせて頂いた機会に、改めてホームケアー薬品は何だろうかと考えてみました。

 やはり、キーワードは『 衛生面 』、『 密着度 』、『 人・動物共通感染症 』を中心に考えた方が良いと思いました。

 そこから連想されたものは、デンタル用品のほかに『 動物用殺菌シャンプー剤 』です。『 シャンプー剤なら使っているし、既に知ってます 』、『 毎日シャンプーしても良いの? 』、『 乾かすのが面倒ですよね 』など、皆さまからの声が聞こえてきそうですね。

2タイプの良質シャンプー

クイックシャンプータイプ

 今回御紹介するシャンプーは2タイプあります。 1番目は、水洗い不要の『 クイックシャンプー 』タイプのものです。 この製品は大変に便利でして、当院では病院に入院している子の中で、全身のシャンプーが出来ない子にも使っています。 殺菌性もありますので、『 散歩後のおしりや足裏などの清拭や、汚物付着時の消毒にも便利 』です。 ドライヤーはいりません。 早く乾かしたい時にもぜひお使い下さい。 非常に速乾性があり、便利なシャンプーです。

動物医療用シャンプー

 2番目は、毎日シャンプーしても大丈夫な『 医療用殺菌シャンプー 』です。 定番のノルバサンシャンプーの次に効果的なフランス製シャンプーのシリーズをお勧めします。

 これらのシャンプー剤は、当院の受付で購入可能です。 ぜひ一度お試し下さい。


新しいお口のケアーシステム!?

 衛生面では、先にも述べましたように、歯垢や歯石のコントロールも大切です。 今年から『 新しい口腔内メンテナンス方法 』を導入しました。 リピートされる方が多い簡単な方法です。 こちらもお試し下さい。 歯石除去術をお受けになった後でしたら、より一層その効果が実感できると思います。 アメリカ獣医歯科専門医のおスミ付きの口腔内衛生用品です。


ページトップへ