1分で分かる高橋動物病院
病院情報
  • 初めての方へ
  • 病院紹介
  • 強みの診療
  • 院内ツアー
  • 問診表ダウンロード
  • 獣医師シフト表
  • 情報館
  • 飼主様向け わくわく情報館 当院のオリジナルサービスをご紹介!初めての方は必見です。
  • おもしろ情報館 病院の最新ニュースをお伝えしています。多岐にわたる豊富な情報配信中!
  • ファミリーアニマル情報館 動物種ごとの予防や病気のお話をわかりやすくお伝えしています。
  • ファミリーアニマルトータルケア
  • しつけ教室
  • トリミング
  • ホテル
ファミリーアニマルホスピタル 高橋動物病院 大和市下鶴間1785-1 TEL.046-274-7662(代) FAX.046-274-7671
当院へのアクセス
当院へのアクセス
町田方面からお越しの方はコチラ
瀬谷方面からお越しの方はコチラ
Blog「イヌが大好き、ネコが大好き、どうぶつだいすき~!」
求人情報
クレジットカードでも支払い可能
JAHA
チャレンジ25

ファミリーアニマルホスピタル高橋動物病院は、チャレンジ25に参加しています。

ホーム > 強みの診療 > 皮膚科専門外来
強みの診療


皮膚科専門外来

 ワンちゃんの3頭に1頭は皮膚トラブルを抱えているといわれています。
特に皮膚疾患は症状の原因を特定することは難しく、専門的な経験と知識が必要となる分野でもあります。

 当院でも、皮膚病にお悩みのどうぶつさん達のケアをご提供していきましたが、皮膚科専門医による「皮膚科専門外来」を神奈川県でも初めて設立しました。

 1頭でも多くのどうぶつさん達が皮膚トラブルの苦しみから解放されることを願っております。

皮膚科専門外来について

診療日:第2木曜日 10時から16時 【 完全予約制 】
ご予約は診察時にご相談いただくか、病院へお電話でご予約ください。

電話番号:046-274-7662
※通常の診療でも、皮膚科の一般診療を行っております。 御安心下さい。

新「皮膚科専門診療」の新体制について
2大皮膚科専門医グループからコンサルティング可能に!

 当院のアジア獣医皮膚科専門医の村山信雄先生は、東東京地区で【皮膚科専門医の教育病院】設立と後進育成のために、2016年4月から【当院の特別医療顧問】に退かれます。

 それに伴い、村山先生からも推薦がありました、同じくアジア獣医皮膚科専門医の伊從 慶太先生が統率するVDT(皮膚科専門医グループ)による診療を開始することになりました。

 村山先生とVDTの2大皮膚科専門医集団からの皮膚病のコンサルティングを受けられる病院に、当院は4月から進化(バージョンアップ)致します。

当院特別顧問 村山信雄 先生

村山信雄 先生
獣医師 博士(獣医学)
アジア獣医皮膚科専門医

【略歴】
平成6年  帯広畜産大学畜産学部獣医学科卒業
     その後小動物臨床を経験
平成17年 皮膚科専門動物病院勤務
平成24年 犬と猫の皮膚科設立

現在に至る

【役職】
日本獣医皮膚科学会理事

【褒賞】
日本獣医皮膚科学会優秀論文(平成20年)
第13回日本獣医皮膚科学会学術大会優秀ポスター(平成21年)

【村山先生より】
 4月より日本の獣医療における皮膚科専門医の後進育成のために、教育機関を兼ねた病院を設立することになりました。
 ここ数年の飼育環境の変化もあり皮膚疾患を抱える動物の数は増加する一方です。
 「1頭でも多くの動物を皮膚トラブルから救いたい」、という長年の想いを実現するために今回の決断に至りました。 これまで診療にご来院いただいていた皆様には直接ご挨拶ができなかった方もおられます。
 今後は特別顧問という形でファミリーアニマルホスピタル高橋動物病院での皮膚科専門診療に携わって参ります。
 新たな担当医の方にも引継ぎを行っておりますので、安心して今まで通りご来院ください。

アジア獣医皮膚科専門医
犬と猫の皮膚科
村山信雄

新しい皮膚科専門診療の担当医について

 これまでの担当医でおられた村山先生と、同じくアジア獣医皮膚科専門医の資格をお持ちの伊從 慶太先生率いるVet Derm Tokyo(皮膚科専門医グループ)に所属する皮膚科獣医師による診療となります。

 Vet Derm Tokyo では診療だけでなく、皮膚病に関する特別な検査も可能な、動物の皮膚科に特化した専門グループです。
「診療 ⇒ 検査 ⇒ 治療」とワンストップで対応できますので、皮膚トラブルに苦しむ動物さん達にさらに充実した治療をご提供できるかと思います。

島崎 洋太郎 先生

【略歴】
酪農学園大学卒業
都内動物病院勤務
東京農工大動物医療センター全科研修医
東京農工大動物医療センター皮膚科研修医
Vet Derm Tokyo所属皮膚科医

Vet Derm Tokyo について

 日本でも数人しか取得していない、アジア獣医皮膚科専門医の資格をお持ちの伊從 慶太先生が率いる皮膚科専門医グループです。有資格者が複数おられ、日本全国で講演活動・動物病院での出張診療も行っておられるため、様々な症例に通じておられます。

最も注目していただきたい特徴は、
  •  特殊診療は、基本的に当院の患者様を優先させて頂いております。 例えば、感染症などによる眼科特殊診察がありますと、診察順序も考えなくてはなりません。 重症度別に準備の問題もあります。 そのような理由から、混乱を避けるため、原則的に一度当院のスタッフ獣医師の簡単な診療でカルテを作らせて頂き、後日に専門獣医師の診察を受けて頂いております。 御理解御協力をお願い致します。
  •  【あなたの動物の皮膚病】を一人の獣医師だけでなく、多くの専門獣医師が知識と技術と経験を出し合って治すために、【特殊な通信手段を用いて毎日症例検討会を行い】、苦しんでいる動物を助けます。
  •  月に一回は、獣医師全員が直接会って【難治性皮膚病】を中心に研究会を開き、レベルアップを行い、 【あなたの動物の難治性皮膚病】を治します。
  •  今まで行えなかった検査も、VDTの本部で実施することができ、より一層の診断レベルの上昇が出来ます。

HP ⇒ http://www.vdt.co.jp/

こんな症状はありませんか?
  • 身体をかゆがる
  • 赤いブツブツがある
  • 足をペロペロとなめる
  • 眼や耳のまわりが赤い
  • 顔、耳、口、のど、首、脇のあたりを掻いている
  • においが臭い
  • 毛が抜ける
  • 皮膚がベタベタしている

1つでも当てはまると、皮膚トラブルが原因かもしれません。

皮膚病の種類

【アレルギー性皮膚炎】

 アレルギーには大きく分けると3種類のアレルギーがあります。
近年では、学会でもアレルギーの診断・治療方法について、色々な議論がされてまいりましたが、最近では、アレルギー診療も【 一定の好成績の出る方法 】が確立されてまいりました。

当院のアレルギー治療はコチラにも掲載しています

  • ①アトピー性皮膚炎
    アレルギーの原因となるアレルゲンが皮膚や粘膜などから侵入して免疫機能の過剰反応により起こる皮膚炎です。
  • ②食物アレルギー
    特定の食物が原因となって発症する皮膚炎です。
    遺伝的な体質も発症に大きく関わっていますが、原因となる食物が特定できれば、食事管理によって症状を改善することができます。
  • ③ノミアレルギー
    ノミの唾液に対するアレルギーよって引き起こされる皮膚炎です。

【角化症】

 皮膚の表面の角質が正常に作られなくなる皮膚病です。
正常な状態の角質では、剥がれるサイクルは20日くらいが一般的なのですが、発症するとサイクルが早くなります。そのサイクルの早さに皮膚の細胞がついていくことができなくなることで、角質の細胞の繋がりが良くなり、剥がれやすくなってしまいます。症状としては、「カサカサと皮膚が乾燥している」「フケが多く出る」、「洗った後でもベタベタしている」などがあります。

【感染症】

 ウィルス、細菌、真菌、寄生虫などの病原体がどうぶつさんの体内に侵入することによって引き起こされる病気のことです。代表的な例としては下記の病気があります。

  • ①膿皮症
    皮膚病の中では最も多くみられる病気です。細菌の感染により引き起こされます。他の皮膚病と合併して起こることもあり、様々な症状が出ることがあります。
  • ②マラセチア性皮膚炎
    マラセチアという真菌によって引き起こされる皮膚病です。
    マラセチアはベタベタした皮膚を好み、他の皮膚病にょって皮脂の分泌が盛んになった場合などに併発することもあります。
  • ③疥癬症
    疥癬というダニが原因となります。痒みが激しいことが特徴です。
  • ④毛包虫症
    ニキビダニが原因で引き起こされる皮膚病です。ニキビダニは正常な犬の皮膚にも存在していますが、皮膚のバリア機能が低下している場合に、症状が現れてきます。
  • ⑤皮膚糸状菌症
    皮膚糸状菌というカビが皮膚に感染することで発症する皮膚病です。人にも感染することのある病気です。

 皮膚病は1つの症状であってもその原因は複雑に絡みあっていることがよくあります。
早い段階で症状をコントロールできれば、どうぶつさん達も早く楽になりますので、少しでも「おかしいな?」と思ったら診察時にご相談ください。

ページトップへ