ホーム > イヌが大好き、ネコが大好き、どうぶつだいすき~!
イヌが大好き、ネコが大好き、どうぶつだいすき~!

 

 

 

こんにちは☆

オゾン療法に関するアンケートにご協力頂きました!

 

 

 

 

Q1.

当院でオゾン療法を受けられた決め手は何でしたか?

 

A1.

1才5ヵ月、オスネコ

サビを取る検査をした所、数値が平均よりかなり低い状態でした。

ストレスを抱えてしまう子ネコのため先生にオゾン療法を推められました。

目ヤニがすごく出て、目が開けられなくなっていました。

オゾン療法をして、11回目に再度検査しました所、数値がすごく上がっていました。

それと共に目ヤニが減り、目の周りの赤くなってしまった所が本当に良くなりました。

まだ平均値に満たないのでまだオゾン療法継続中です。

 

 

Q2.

オゾン療法を迷われている方も多くおられます。その方々のご参考として、後押しをするメッセージをお願いします。

 

A2.

ネコに負担にならないかな?痛いかな?と思うとかわいそうに思いましたが、この子が良くなる為だと思って

先生の説明に納得して決めました。

今では今までよりも元気になった気がします。

 

 

オゾン療法を体験したネコちゃんの飼主様にアンケート回答していただいきました。

ウイルス性の結膜炎のひどいネコちゃんでした。

オゾン療法を行うことで身体の免疫力があがり、2回程行ったころから目がスッキリとしてしょぼつきもなくなり、クリクリの目に戻ってくれました

 

オゾン療法は、肛門からオゾンのガスを入れるだけなので痛みはありません

効果については、先日院長先生がとても詳しく書いたブログを更新されているので、詳しくはそちらを参照して頂きたいのですが、主な効果としては

・ガン再発の予防

・免疫性疾患の治療

・腎不全の子の生活の質を高める治療

・椎間板ヘルニア等、痛みを伴う疾患に対する消炎治療

・老齢動物に対するアンチエイジング

・年齢問わず、免疫力上昇を目的とする治療

などなど、様々あります。

 

オゾンについて気になる方はスタッフにお気軽に聞いて下さい☆

アンケートにご協力頂き、ありがとうございました\(^o^)/

 

獣医師 新美綾乃

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2019年7月31日(水)


猫ちゃんは、食事療法だけで治る子も犬に比べて多い、のですが、インスリン注射を打たないと維持出来ない子もいます。

 

参照サイト:

https://bit.ly/333yVlp

 

8歳の猫ちゃん(アメリカンカール) 去勢手術済の雄

 

【 半月前より飲水量、尿量が増えた 】とのことで来院されました。

 

■ 血液検査、尿検査の結果から、ネコの糖尿病と診断されました。

 

■ 体重減少は無く、元気食欲は充分あるとの事でしたので、まずはヒルズ社のm/dの処方食を食べてもらい、様子を積極的に見る事としました。

 

■ しかし、10日後位から食欲の低下がみられたため、入院してインシュリン治療を開始することになりました。

入院中は、静脈に留置針を設置し微量の短時間作用型インシュリンを点滴で持続的に投与し、血糖値をモニターしていきました。 十分に血糖値が下降したところで、長時間作用型のインシュリンに切り替え、朝と晩に皮下投与しモニターしながらインシュリンの適量値を調整していきました。

 

■ 血糖値が安定し始めると、食欲も徐々に回復し、飲水量、尿量も正常化していきました。

 

★ 飼い主様にインシュリン注射の練習をして頂き、6日目に退院できました。

 

■ その後は、毎日飼主様にインシュリンを自宅で投与して頂き、一週間後に来院して頂きました。

 

■ 一週間後の再診時には、朝自宅で注射してご飯も食べさせてきて頂いて、血糖値のモニターを行ったところ血糖値も充分低下しており、インシュリンの投与量を少し減少する事が出来ました。

 

■ 元気、食欲も良好で、飼主様の笑顔も見る事が出来ました。

 

■ 今後も定期的に血糖値をモニターしながら、猫ちゃんと飼主様が元気に暮らせるようサポートしていきたいと思います。

 

獣医師 新井澄枝

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2019年7月31日(水)


右下に見える暗い大きな塊(★印)が肝臓腫瘍です

 

参照サイト:

https://bit.ly/2SPcBXW

 

犬 12歳 去勢オス

 

今回は【 健康診断で急に肝臓の数値が高くなった 】子です。

 

 

■ 毎年、春に健康診断を続けていましたが、今年になって急に肝臓の数値が悪くなったため、より詳しい検査に進みました。 エコー(超音波検査)をしたところ肝臓に複数の腫瘤が見つかり、大きいものでは肝臓の約半分の大きさのものもありました。

 

 

■ 肝臓腫瘍の治療では、原発がどこなのか? 転移はしているのか? リンパ腫など抗がん剤が効きやすいものなのか? という事前情報が大切になります。

 

 

■ そこで、活躍するのがCT検査になります。 CTなら他の腫瘍やレントゲンにうつらない段階の肺への転移を早期に発見できたり、切除する腫瘍の近くにどれだけ血管があるのかなど、手術前に必要な情報が沢山得られます。

 

 

■ 幸いにも今回は、大きな腫瘤が肝臓の左側にまとまっていたため、大部分の腫瘤をとることができ、肝臓の数値も見る見るうちに下がりました。 嬉しいことに良性腫瘍ということも分かり、不安な気持ちもなく、元気に過ごしています。

 

 

■ 当院では、CT検査の画像診断専門医による診断から、肝臓腫瘍の外科切除手術までワンストップで行えるため、通い慣れている病院で治療が完結することが出来るようになりました。

 

 

■ ただでさえ病気になり不安な中、初めての病院に行くことは動物さんにとっても、飼主様にとっても負担になると思います。 その負担が少しでも減るような治療を心掛けていきます。

 

獣医師 冨田浩平

 

【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2019年7月30日(火)


こんにちは(*^_^*)トリマーの碓井&堀です。

今回初めてブログを担当させていただきました!よろしくお願い致します!!

 

『ドッグアロママッサージ』

 

最近はわんちゃんにもアロマオイルやマッサージの効果がある事が広く知られるように

なってきましたが、どういったものかご存知ない方も多いでしょう。

そこで今回は、改めて『ドッグアロママッサージ』の紹介をしたいと思います。

 

アロママッサージとは…

天然由来のアロマオイルを使って10~15分程かけてゆっくりとわんちゃんの全身を

マッサージしていきます。主に、皮膚や関節・骨格、アンチエイジングに効果があります

のでそれぞれ詳しく紹介していきたいと思います。

 

~皮膚のことで悩んでいる飼い主様~

皮膚に疾患がある子に対しては殺菌効果や消臭効果の高いオイルを使います。

・皮膚自体の菌の増えすぎの抑制

・保湿されることにより感染による炎症やフケなどを減少させ、痒みを減らす

・皮膚のターンオーバーを安定させる

 

~関節・骨格のことで悩んでいる飼い主様~

関節・骨格に疾患がある子に対しては筋肉緩和や血行促進効果の高いオイルを

使います。

・体、筋肉のバランスを整える

・関節の可動域を正常に導く

 

~アンチエイジングを目的とする飼い主様~

アンチエイジングでは若返り効果や緊張を緩和してくれるオイルを使います。

・アロマの香りをかぐことでリラックス効果が期待できる

・血行促進、緊張緩和により自律神経を整える

・高齢の子には若返り効果も☆彡

 

などの効果があります。

興味のある方は診察やトリミング時、またはお電話でもお気軽にご相談ください!

 

梅雨が明けて気温が高くなりましたので、飼い主様も動物さんも、熱中症には気を付けて楽しくお過ごしください♪


【記事情報】投稿者: ニコわく♪ スタッフ | 投稿日: 2019年7月29日(月)


【安全な オゾン療法用のオゾン発生器】です。

 

 

◆ 今日も、飼主様から、当院で大ヒットしている【オゾン療法】の初回治療のリクエストがありました。

 

◆ 先週も、先々週も、同じように【オゾン療法】の初回治療リクエストが飼主様から。。。 ちょっと、驚きではありませんか?!

 

⇒ 私達からお勧めした訳ではないのですよ???

 

 

### 通常は、【予防的な治療】をリクエスト。 例えば『 狂犬病ワクチン、、、混合ワクチン、、、フィラリア予防、、、をお願いします。 』と言って来られる飼主様が多いのは、よく分かるのですが、、、

 

■ オゾン療法。 治療にも予防にも使える、皆さんにお勧めしたい簡単な療法です。

 

 

### 【 オゾン療法 】も市民権が与えられたのでしょうかね。 嬉しい限りです。

 

 

★ 【 こんな子にオゾン療法は向いています 】リスト、を作ってみました!!!

 

1) がんの再発をなるべく抑えたい。 でも、抗がん剤は使いたくない。。。

 

2) 自己免疫疾患があって、ステロイド漬けになって副作用が酷いので、何とかしたい。。。

 

3) 腎臓病があるのだけど、元気な姿で長く生活させてあげたい。。。

 

4) 椎間板ヘルニアの初期、手術直後なんだけど、早く治してあげたい。。。

 

5) 老齢になったから、立ち上がる事が出来なくなった。。。

 

6) 食欲が無くなっちゃったので、どうにかしたい。。。

 

7) 骨折の治りが悪いから、何とかしたい(これは早めであればOK)。。。

 

8) ある○○動物病院(当院も含めて)で外科をしたのだけど、傷の治りが悪い(これも早めであればOK)。。。

 

9) 毛艶が悪くなった。。。 若返り効果を。。。

 

10) 感染症があって、寒くなったりすると、口の中の痛みが酷くなる時期があるの。。。

 

などなど

 

 

【 行列が出来るオゾン療法 】って感じの順番待ちの時もあります。

 

もしよろしかったら、一度あるいは二度ぐらいの治療を受けてみて下さい。 ワンちゃん猫ちゃんに限りますが。。。(飼主様の中には、私も治療を受けたい、とおっしゃる方がいますが、固くお断りをしております)(アンチエイジング狙いだと思います。。。)

 

■ きっと、今までとの差を感じられると思います。 【体験が重要です】 【リピート率 : 95%です】

 

■ 所要時間 : 実質1分間。 痛みは全くありません。

 

■ お安い回数券セットもございます。 笑顔になれる医療です。

 

 

院長

高橋獣医師

 

【記事情報】投稿者: 院長 | 投稿日: 2019年7月27日(土)

ページトップへ